鹿児島県、熊本県、宮崎県で本格的なレイキ(霊気)法を学ぶなら木の丸庵へ!

よくある質問

1.レイキ(霊気)って、怪しくないの?

霊の字がついているため、怪しく思われて当然だと思います。私自身「気功」は良いけど「霊気」には抵抗がありました。(実際は”霊妙の気”という意味で、霊山、霊場などと同じ意味合い)
実際20年ほど前から気功を習っていましたが、訓練不足もあり実感ができたりできなかったり、すっきり感がありませんでした。しかし、7年前に霊気のアチューメント(波長あわせ)を受け、突然効果を感じるようになりました。感激と共に「このもんもんとした十数年は何だったんだろう?」と正直に思いました。
その感動からレイキ関連書物を読み漁り、怪しくなくしっかり書かれていた「癒しの現代霊気法」土居裕著に出会い、この著者から直接学びたいと早速芦屋に出向き、現代霊気マスター(お伝えする役割)になりました。
現代レイキに関しては怪しさを排除し、頭でも理解できるように構成されています。そのため、多くの人が心配する怪しさの先入観はすぐに払拭されるでしょう。
また、現代霊気のマスターは、マスターになる以前健全な常識人であること。超能力者でなく、より普通の人を目指すと指導されます。
霊気は高次元でピュアなエネルギーを限定して扱います。実は気功で言われるエネルギーより狭義と言えます。と言う事は、怪しいエネルギーと真逆の安全なエネルギーです。
土居裕代表がレイキに関する本を出版しております。ぜひ、ご一読下さい。
 

2.現代レイキは世界的に有名

日本国内でメジャーなレイキ系統の一つである現代レイキは、日本に残る伝統霊気の流れを組んでいる独自性(エネルギーが純粋であり、精神性向上に重きを置いている)が知られ、世界レイキ界において大変注目されています。
現在、欧米をはじめ世界中のレイキマスター達が現代レイキを学び直し世界各国に広がってきています。
私は1年に一度は土居先生のセミナーを受講するのですが、毎回外国人も同席しています。

源流を訪ねようと多くの海外のレイキ実践者が日本に来て、臼井先生が霊気と出会った京都の鞍馬山を訪れています。
レイキは日本から広がったのですが、日本での普及は逆輸入されたものがほとんどのため、外国人のレイキ実践者が日本に残るエネルギー・思想的な源流を求めると臼井先生が創設した臼井霊気療法学会(現在会員になるのは困難)の純粋なエネルギーと思想を受継ぐ現代レイキに出会う為です。

現代レイキを創設した土居裕先生の著書は現在3冊が出版されており、「癒しの現代霊気法」は英語・スペイン語でも出版されています。
また、一番新しい講談社α新書「実践レイキヒーリング入門」は現在中国語に翻訳されています。
ちなみに、当方でも外国の方がセミナーを受けています。

※現代レイキのセミナー用テキストは英語版もあります。
※「直伝霊気」も現代レイキ同様に日本オリジナルのレイキとして有名です。
直伝霊気は臼井先生が認定した最後の師範の林忠次郎先生(ハワイに霊気を伝えたことで有名)から伝授を受けた山口先生が、当時を忠実に再現される形で創られたそうです。

3.どんな方たちが学んでいますか?

鹿児島の現代レイキの仲間の職業を紹介すると、教師、医師、薬剤師、看護士、助産士、保健士、民間療法家、芸術家、会社員、主婦、アロマセラピスト、学生と様々な職業の方がいます。また、外国人もいます。

外国の方は、「レイキは有名で自国で習っていたが、発祥地の日本に残るオリジナルのレイキを学びたい」と現代レイキを選んで下さいました。
また、他の系統で学び、レイキの理解を深めたいとの動機で現代レイキを学ぶ方も多数いらっしゃいます。

ちなみに他の系統のレイキから学び直す方が全体の約2割。
また、男女比は男性2割・女性8割です。

 

4.レイキの系統もいろいろ、マスター(お伝えする人)もいろいろ… どれを誰から学んだら良いでしょうか?

目に見えないエネルギーの世界の話で恐縮ですが(私も見えません)、同じレイキといっても系統やマスターによって実際は異なっています。
違いの理由はエネルギーの接続先や純粋度が違うことが考えられます。(本来は同じはずなのですが・・・)
それは”エネルギーに対しての理解”と”心の状態”で質が変化するからです。
この点に謙虚で、学びを深めている方を選ぶのが良いと思います。
実際には目に見えないものを選ぶのは難しいので、候補に上がるマスターに直接問い合わせてみて、怪しくないか?嫌な感じがしないか?謙虚に研鑽・実践を重ねているか?テキストはきちんとしているか?フォローはしっかりしてくれるか?などを基準に、最後はあなたの”感”で選ばれたら良いと思います。
仮にあなたが断って違うマスターから学ぶことになっても、反省はしても怒るマスターはいないはずです。(学びは「自由意志」を尊重すべきなので)
ちなみに当方では、できるだけ交流会に参加したり、ヒーリングを受けてもらって納得して頂いた上での受講をおすすめしております。

5.セミナー(各レベル)で受講料を払う意味

レイキではどこでもそうですが、レベルごとに受講料が設定されています。
金額、内容は系統により、またマスターによって様々です。

私は定期的に交流会を行っていることもあり、よく公民館講座的な感じで捉えられます。
別にセミナーがあり、料金を聞いて驚かれる事もあります。
金儲け主義では・・と誤解を受ける可能性があるため、私の意見を書かせてもらいます。

交流会も、レイキ活用技法以外に、詳しい説明やヒーリングも行い質を高めていて、完成度の高いものとなっています。
交流会参加を重ねるのも一つの選択ですが、レイキに対しての理解をより深め、より恩恵(体の健康や心の安定)を得ていくためにはセミナーを受講し、フォローを受けながら実践していく事が効果的です。
そこには、レイキの技法を使い、心を安定させ、人生を豊かに生きていけるヒントや知恵がぎっちり詰まっています。
(使い方によっては危険でもある目に見えぬエネルギーを間違えなく安全に、最短のスピードで学べるよう構成されています。)
レイキを学ぶことは、セミナーを通してこれらの利益を得ていくための決意であり、自分の人生への投資を意味します。

お金を支払う事は、マスターの費やす時間、提供する知識・情報・経験への対価であることはもちろんですが、それだけでなくマスターへの投資という意味もあります。
レイキは日常に取り入れてはじめて意味をなすので、セミナー受講は終わりでなくスタート地点に立つものです。
受講後はマスターから継続的なフォローを含め、情報、ヒントを得ていく事が必要です。(もちろん押し売り、介入はしませんが・・・)
その為には、マスター自身も学びが必要になります。
その分野はレイキだけに限定されるものではありません。
マスターの学びは最終的に受講者の学びや有益な情報として還元されることになります。

私の7年前のセミナーはテキストを追っての解説のみだけでした。
しかし、土居先生のセミナー再受講やマスター研鑽会、NLPセミナーなどに参加したり、実践やレイキをはじめとするエネルギーワークの研究することで今では理解が随分深まってきています。

その為、セミナーでは有益と思える多くの補助解説を行う様になり、時間は長くなっていますが、質は格段に上がっています。
また、交流会の内容もより良くなり、時間内の最初と最後では、参加された方の表情や体調の違いがはっきり見られるようになってきました。

また、セミナー料金は現代レイキの協会などに上納金を納めるようなシステムはありません。もしろ、私も同様に土居先生から再受講(無料)を繰り返し受けています。
土居先生のセミナーも年々深まってきていて、毎回新たな学びを提供して下さっています。

6.セラピストですが、施術に役立てる技術を学ぶことはできますか?

現代レイキでは、自己浄化と自己成長の技法を中心に自分自身を対象とした技法が多く紹介されていますが、相手が座った姿勢、寝た姿勢、遠隔でのヒーリング方法もお伝えいたします。
(セミナー内では実践レベルまではできないので、交流会や実践会を通して学んでもらいます。)
ボディケア、アロマトリートメント、リフレクソロジー、エステなどの施術をされている方はメニューとして追加することも可能です。
また、セラピストさんがお客さんを見ることで自分自身が疲れたり、体調を崩したりしないためにもレイキ法はとても有効です。
 私自身カイロプラクターですが、体調が悪いときにレイキに出会って改善しました。

7.レイキを学ぶと何か見えたり、感じたりなど、超能力がでますか?

アチューンメントがきっかけで特別な能力が出る話しを聞くことはありますが、残念ながら稀にそんな方がいる程度だと思って下さい。
特殊な能力を得ることを重要視しておりません。むしろ、日々の心の乱れをできるだけ無くし、健やかに調和的に暮らすことを大事に捉えています。
ただ、日々実践していけば、手の感覚は自然と敏感になっていきます。
また、憑依体質で苦しまれていた方が憑依されにくくなったということは実際に受講者から良く聞きます。それは、エネルギー状態が良くなることで低いエネルギーと波長が合わなくなるからだと思います。(レイキではその憑依したエネルギーを対象に処理することはしません。あくまでも生きている人に働きかけます。)
ちなみにオーラが見える方もレイキ関係者には多くいらっしゃいますが、残念ながら私は見えません。。。
 

8.遠隔でレイキを習うことについて

よくネット上で「遠隔でレイキをお伝えします。」とのページを見かけます。
安価で、出かける手間も省けるので良いシステムとも思えるのですが、多くのトラブル報告を聞きます。
実際に多くの方が「良く分からなかった。」と私の交流会に参加したり、再受講をされています。

実は、私自身が最初に遠隔で習い、その直後対面で習いました。
両方習ってみて、対面で学ぶ方が多くの情報や気づき・学びを得る事ができます。その差は歴然で比較対象になりません。

レイキは資格習得が目的ではありません。エネルギー伝授を受けてからが全てのスタートです。
実際に活用し、レイキ波動との響き合いを高め、心身の健康をはかり、その先は自分の役割の認識、生かされていることへの喜びと感謝につながるものです。
響き合いを高める上では、正しい理解と実践が必要です。

そのためにはその時の心理状態や理解に応じサポートする先導役や学びあう仲間がいる方が早道です。
仮にヨガを学ぶと考えて、①本で独学。(文章と絵のみ)②ヨガ教室に通う。(インストラクターが実演してくれ、体の癖や成長度合いにあわせ必要なアドバイスをしてくれる。また、楽しさを共有できる仲間がいる。)
この二つを比較し、学びの結果を考えてみて下さい。
分野は異なりますが、道場に通わずして達人になる人はいません。

レイキは素晴らしいものなので、活用できなくてはもったいなさすぎます。また、認識次第でエネルギーは変化するので、理解不足での実践は低いエネルギーと接続する危険も伴います。

全てがこのケースには当てはまるとは限りませんが、できるだけ対面で学ぶ事をお薦めます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional